復讐屋復讐代行業者別れさせ屋

HOME | 復讐辞めさせ工作【辞めて欲しいを叶えます】

辞めさせ工作

辞めさせたい、辞めて欲しいを実現

 
聞きなれない辞めさせ屋とは?

 

辞めさせ屋という存在をご存知でしょうか?
 
本来は復讐の一環として、失職させたい、会社を辞めさせたい辞めて欲しいというご相談の人向けに行う辞めさせ工作を専門に取り扱った業者です。
 
日本の三代義務勤労の義務ですが、国民として社会人として、または生活や大切な家族を守るために会社に勤めてお金を稼がなければなりません。
 
人生の半分は会社との付き合いと言っても過言ではありません。そんな会社内における人間関係というものにもその会社にいる限り一生付き合っていかなければなりません。
 
社会に出れば良い人ばかりでは無く嫌な人もいるというのが世の常ですが、必ずと言って良いほど会社に一人はいる「嫌な人」。
 

復讐屋辞めさせ工作

 
●陰湿なイジメに遭っている
 
●嫌がらせを受けている
 
●セクハラ、パワハラを受けている
 
●同僚から蹴落とし、手柄の横取りされた
 
など様々で、その様な人間関係と向き合いながらこの先10年、20年、30年と同じ会社で付き合っていかなければなりません。
 
【嫌なら辞めて次に就職してしまえば良いや!】という安易に転職できる時代なら良いですが、残念なが昨今の日本では、転職もリスクと考える人も多く、ましてや年齢や長年勤めてきたことなどを考えるとそう簡単に転職できる時代ではありません。
 
それに【なんであの人の為に私が辞めなければならない】という事もあります。 あの人が居なくなれば私の会社人生、どれだけ楽か・・・というご要望に応えるのが辞めさせ屋で御座います。
 
また、
 
●問題社員を抱えて困ってる
 
という、企業側の依頼も御座います。
 
此方に関しては、会社に取って弊害となる社員を辞めさせたいが、無闇に解雇にしてしまうと不当解雇として問題にかれかれない、などの問題をクリアにできます。
 
本質的なは復讐工作と変わりはないのですが、辞めさせ工作に関して依頼がとても多いので、専門ページを設けさせていただきました。
 
辞めさせ工作とは主にターゲットの社会的な信用を崩していき企業側から解雇させる工作と、凡ゆる環境を工作で作り上げターゲット自身を退職に導く工作の二通りになってきます。
 
まず、企業側が社員やパート、アルバイトを解雇する場合、主に普通解雇、懲戒解雇、整理解雇の3つのいずれかの理由で解雇をします。
 
普通解雇は労働基準法と労働契約法に基づいて解雇をすることを言います。
それには客観的合理性と社会通念上の相当性が必要になってきます。
 
懲戒解雇(免職)とは企業内のの秩序を著しく乱した労働者に対して、罰則として行われる解雇のことを言います。こちらも客観的合理性と社会通念上の相当性が必要になってきます。
 
整理解雇とは所謂よく聞くリストラです。
 
主に辞めさせ工作に用いるものは二番目の懲戒解雇を狙っていきます。
 
企業側をターゲットを懲戒解雇に導かせる為には、それなりの事由が必要になります。
 
その事由には主に、
 
・業務上地位を利用した犯罪行為
 
・会社の名誉を害する犯罪行為
 
・経歴詐称
 
・度重なる無断欠勤
 
・セクハラ、パワハラ
 
 など、上記を一目見るだけで企業側に損害を与えかねない重大な行為であることは想像出来るかと思います。
 
以上のような事由を工作で作っていき、懲戒解雇にさせるのが辞めさせ工作になります。
 
そしてもう一つの手法が、企業側から解雇されるのではなく、ターゲット側自ら退社させる手法です。
 
こちらは工作により、
 
「この会社には居られない」
「この場に居場所がない」
「この場から一刻も早く逃げたい」
 
など、ターゲット側がその様な心理になる様な環境づくりを工作で作っていき、自ら退社するようにに導く工作になります。
 
これにも様々な理由が作られますが
 
・重大な過失を起こしてしまい周囲からの信頼を損なってしまった
 
・重大な痴態を起こしてしまい周囲からの目が気になり、羞恥心によりその場にいられなくなった
 
・イジメや嫌がらせにより精神的な苦痛で通勤が出来なくなった
 
など、理由も幾千も構成できます。
 
ターゲット自信の精神状況や置かれてる環境の変化を工作で作り上げていくことがポイントとなってきます。
 
辞めさせ工作を成立させるには
 
・企業業態
 
・役職
 
・地域
 
・業務成績
 
・日々の行動
 
・私生活、生活環境
 
・性別
 
・年齢
 
・人間関係
 
・癖
 
などの環境や背景、人間性などを徹底的に把握し、ターゲットに適した辞めさせ工作を構成して失職させていきます。

辞めさせ工作

 
聞きなれない辞めさせ屋とは?

 

辞めさせ屋という存在をご存知でしょうか?
 
本来は復讐の一環として、失職させたい、会社を辞めさせたい辞めて欲しいというご相談の人向けに行う辞めさせ工作を専門に取り扱った業者です。
 
日本の三代義務勤労の義務ですが、国民として社会人として、または生活や大切な家族を守るために会社に勤めてお金を稼がなければなりません。
 
人生の半分は会社との付き合いと言っても過言ではありません。そんな会社内における人間関係というものにもその会社にいる限り一生付き合っていかなければなりません。
 
社会に出れば良い人ばかりでは無く嫌な人もいるというのが世の常ですが、必ずと言って良いほど会社に一人はいる「嫌な人」。
 

復讐屋辞めさせ工作

 
●陰湿なイジメに遭っている
 
●嫌がらせを受けている
 
●セクハラ、パワハラを受けている
 
●同僚から蹴落とし、手柄の横取りされた
 
など様々で、その様な人間関係と向き合いながらこの先10年、20年、30年と同じ会社で付き合っていかなければなりません。
 
【嫌なら辞めて次に就職してしまえば良いや!】という安易に転職できる時代なら良いですが、残念なが昨今の日本では、転職もリスクと考える人も多く、ましてや年齢や長年勤めてきたことなどを考えるとそう簡単に転職できる時代ではありません。
 
それに【なんであの人の為に私が辞めなければならない】という事もあります。 あの人が居なくなれば私の会社人生、どれだけ楽か・・・というご要望に応えるのが辞めさせ屋で御座います。
 
また、
 
●問題社員を抱えて困ってる
 
という、企業側の依頼も御座います。
 
此方に関しては、会社に取って弊害となる社員を辞めさせたいが、無闇に解雇にしてしまうと不当解雇として問題にかれかれない、などの問題をクリアにできます。
 
本質的なは復讐工作と変わりはないのですが、辞めさせ工作に関して依頼がとても多いので、専門ページを設けさせていただきました。
 
辞めさせ工作とは主にターゲットの社会的な信用を崩していき企業側から解雇させる工作と、凡ゆる環境を工作で作り上げターゲット自身を退職に導く工作の二通りになってきます。
 
まず、企業側が社員やパート、アルバイトを解雇する場合、主に普通解雇、懲戒解雇、整理解雇の3つのいずれかの理由で解雇をします。
 
普通解雇は労働基準法と労働契約法に基づいて解雇をすることを言います。
それには客観的合理性と社会通念上の相当性が必要になってきます。
 
懲戒解雇(免職)とは企業内のの秩序を著しく乱した労働者に対して、罰則として行われる解雇のことを言います。こちらも客観的合理性と社会通念上の相当性が必要になってきます。
 
整理解雇とは所謂よく聞くリストラです。
 
主に辞めさせ工作に用いるものは二番目の懲戒解雇を狙っていきます。
 
企業側をターゲットを懲戒解雇に導かせる為には、それなりの事由が必要になります。
 
その事由には主に、
 
・業務上地位を利用した犯罪行為
 
・会社の名誉を害する犯罪行為
 
・経歴詐称
 
・度重なる無断欠勤
 
・セクハラ、パワハラ
 
 など、上記を一目見るだけで企業側に損害を与えかねない重大な行為であることは想像出来るかと思います。
 
以上のような事由を工作で作っていき、懲戒解雇にさせるのが辞めさせ工作になります。
 
そしてもう一つの手法が、企業側から解雇されるのではなく、ターゲット側自ら退社させる手法です。
 
こちらは工作により、
 
「この会社には居られない」
「この場に居場所がない」
「この場から一刻も早く逃げたい」
 
など、ターゲット側がその様な心理になる様な環境づくりを工作で作っていき、自ら退社するようにに導く工作になります。
 
これにも様々な理由が作られますが
 
・重大な過失を起こしてしまい周囲からの信頼を損なってしまった
 
・重大な痴態を起こしてしまい周囲からの目が気になり、羞恥心によりその場にいられなくなった
 
・イジメや嫌がらせにより精神的な苦痛で通勤が出来なくなった
 
など、理由も幾千も構成できます。
 
ターゲット自信の精神状況や置かれてる環境の変化を工作で作り上げていくことがポイントとなってきます。
 
辞めさせ工作を成立させるには
 
・企業業態
 
・役職
 
・地域
 
・業務成績
 
・日々の行動
 
・私生活、生活環境
 
・性別
 
・年齢
 
・人間関係
 
・癖
 
などの環境や背景、人間性などを徹底的に把握し、ターゲットに適した辞めさせ工作を構成して失職させていきます。

復讐辞めさせ屋
 
 
パワハラ
the secret 復讐依頼
セクハラ
社内でイジメられてる
会社を辞めさせたい
辞めてほしい
復讐業者 詐欺
 ご依頼の流れの詳細は ▷こちらをご参照ください

復讐代行業者 詐欺
安心安全ノーリスクでご依頼

 
例えば、ターゲットに極秘とも言える依頼がバレたり、また依頼者様の情報漏洩や 第三者に工作の実態を知られてしまっては到底復讐工作とは呼べません。そして依頼案件自体の不成立。こお金を支払っているのにも関わらずこの様な事態になって仕舞えば絵に描いた餅です。
弊店ではこの様な事態にならない様に、まずプライバシーの問題や頂く情報の管理は厳重に管理し、経過とともに不要となった情報に関しては全て抹消しリスクヘッジを計っております。よって依頼主様の個人情報は勿論の事、依頼の事実が漏洩したり第三者に知れ渡るということは一切ございません。
またお金を頂いている以上、【代行】というものの意味を見失ってはいけません。復讐、別れさせ、その他の工作に関わる、あらゆるリスクの全責任を弊店が背負ってその依頼案件に取り組みます。よって、その【リスク】による何らかのトラブルが生じた場合でも、依頼者様側に飛び火が行く事は決して御座いません。最後に仮に万が一の事態になった場合、または依頼案件の不成立、不成功になった場合、全ての責任として全額返金をお約束いたします。
 
ご安心してご相談、ご依頼を下さいませ。
 

復讐依頼
経過はLive配信で確認していただけます

復讐屋 格安

 

 昨今では様々なツールやアプリなどで情報発信をできる時代となりました。
復讐依頼や別れさせ工作などを依頼すると、どうしても気になってしまうのが経過では無いでしょうか?
 
「きちんと動いてくれているのか?」「相手は今どうなっているのか」「お金だけ払って何もしてくれて無いのでは?」
 
など不安が尽きませんよね。
 
だからと言って工作に同行というのも、リスクや危険が伴い、相手が人間であるが故に時間というものもこちらの都合に合わせてくれはせず中々難しいものがあります。
 
そんな事から弊店では、テレビ電話や通信アプリなどを利用した依頼者だけ閲覧できるLIVE配信でリアルタイムに現状を確認していただける様に環境を整えております。
※相互の時間の不都合、現場の環境や状況により工作に支障が出る場合は録画報告になります。
 
 

復讐屋詐欺
成果報告

恨み晴らし屋
成果(結果)報告は以下の二通りの依頼主様のご要望に沿った形でご報告させて頂き、資料提供をさせて頂きます。
 
1・電子メール、LINE、Dropboxなどによる通信報告。
報告書、書類、写真、音声、動画など添付ファイルにしてお送りいたします。
 
2・SDカード、USBまたはCD-ROMによるお渡し。
 
以上になります。
他の方法がご希望であればご相談ください。
尚、復讐、別れさせ工作など特殊な工作によるものなので報告書等の管理は自己責任でお願いいたします。管理不備によるトラブルに関しましては弊店は責任を負わないものとします。確認後に必要なければ処分して頂くことをおすすめします。

お問い合わせ

解雇クビ
 
また、Yahooメールは、スパムフィルターが年々厳しくなってきており
迷惑メールに振り分けられる可能性が非常に高くなっております。
そのため、Yahooメール、Gmailをお使いの方は
迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認の上、
以下の振分設定を行なってください。
 

10分ほど経っても自動返信メールが届かない場合は、
以下の手順に従ってご確認ください

 
1・お使いのメールソフトの迷惑メールフォルダにメールが入っていないか確認してください。▶︎詳しくはこちら
 
2・迷惑メールフォルダにメールがない場合、申込みフォームに入力したメールアドレスが間違っている可能性があります。また携帯電話会社メールアドレスを使用されている方は、メールフィルターではじかれてしまわれている可能性がございます。申し訳ございませんが、メールアドレス受信許可をして再度お問い合わせいただくか、Gmailなど別のアドレスから再度お問い合わせください。
▶︎SoftBank受信許可設定方法
▶︎au受信許可設定方法
▶︎Docomo受信許可設定方法
 
▶︎Gmailアカウント作成
 
 

 
また、Yahooメールは、スパムフィルターが年々厳しくなってきており
迷惑メールに振り分けられる可能性が非常に高くなっております。
そのため、Yahooメール、Gmailをお使いの方は
迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認の上、
以下の振分設定を行なってください。
 

10分ほど経っても自動返信メールが届かない場合は、
以下の手順に従ってご確認ください

 
1・お使いのメールソフトの迷惑メールフォルダにメールが入っていないか確認してください。▶︎詳しくはこちら
 
2・迷惑メールフォルダにメールがない場合、申込みフォームに入力したメールアドレスが間違っている可能性があります。また携帯電話会社メールアドレスを使用されている方は、メールフィルターではじかれてしまわれている可能性がございます。申し訳ございませんが、メールアドレス受信許可をして再度お問い合わせいただくか、Gmailなど別のアドレスから再度お問い合わせください。
 
▶︎SoftBank受信許可設定方法
▶︎au受信許可設定方法
▶︎Docomo受信許可設定方法
 
▶︎Gmailアカウント作成
 
 

お問い合わせフォーム

特殊工作対応地域

 

北海道地方 北海道
東北地方 青森県/秋田県/岩手県/山形県/宮城県/
福島県
関東地方 東京都/神奈川県/埼玉県/
千葉県/群馬県/栃木県/茨城県
中部地方 長野県/富山県/石川県/新潟県/山梨県/
愛知県/静岡県/岐阜県/福井県
近畿地方 大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/滋賀県/
三重県
中国地方 鳥取県/岡山県/広島県/島根県/山口県
四国地方 香川県/愛媛県/徳島県/高知県
九州地方 福岡県/大分県/佐賀県/長崎県/熊本県/
鹿児島県/宮崎県
沖縄地方 沖縄県
海外 お問い合わせください